気持ちだけじゃダメなんだ

心理ナビゲーターの斎藤せい子です。

久しぶりの友人と会いました。

彼女は女優・・・というか役者です。
私たちの中では、女優や俳優と役者って、なんか違うよね
って思っているのであえてこの呼び方で。

彼女の出た映画が映画祭の賞を取ったという、うれしい
報告をもらって楽しい時間を過ごしました。

この映画ではありませんが、
現場にはあまり演技の訓練をしたことのない若い人もいて、
その中の一人に以前こう聞かれたことがあるそうです。

「どうやったら、そんな迫真の演技ができるんですか?」
(そのときの彼女の芝居でスタッフさんや共演者が泣いたそうな)

そのときの彼女の答えは
「どこの筋肉をどういう風に動かしたら見ている人に伝わるか
 何パターンも考えて、鏡の前で出来るまでやって本番に臨むの」

例えば悲しい芝居のときは、悲しい感情を呼び起こすのは当然だけど
気持ちだけ持っていても、見ている人には伝わらないことも多いから
具体的に悲しそうにみえる技術・表情や体の動かし方が必要なのだそう。

なるほど・・・ですね。

実生活でも同じこと。

どんなに相手に対して良いこと考えていても
伝わらなくては寂しいし、意味がない。

そうしたら、どうすれば自分が思っていることを相手に伝えられるか
よりうまく伝えられる方法・手段を考えよう。

それがきっとコミュニケーションの第一歩です。

コメント


認証コード4430

コメントは管理者の承認後に表示されます。