真夏の夢が終わりました。

真夏の夢とは夏の高校野球甲子園大会のことです。

我らが花巻東高校は、
「センバツの忘れ物を取りに行く」そう言って、
見事岩手県大会を制して再び甲子園へやってきました。

でも菊池くんの背筋痛で残念ながら準決勝で負けてしまいました。
岩手県初の優勝を期待していただけに本当に残念です。

実はセンバツの後、ピッチャーの菊池君とキャッチャーの子は、私の中学の後輩だということが判明!!!

でも彼らを応援したくなったのはそれだけではないのです。

彼らはスポーツ少年団で野球をやっていた仲間達と
「一緒に甲子園に行こう」を合言葉に花巻東に進んだそうです。

その中には成績ではもっと上の高校にいけた子もいたそうですが、
一緒に野球をやるためにみんなで花巻東に行ったのだとか。

前にも書きましたが、岩手というのはスポーツなどは日本一などに縁がない「弱小」地域です。

すると東京や大阪の強豪地域ではレギュラーになれないけれど、
岩手なら・・・という選手が私立に特待生としていわゆる
「越境入学」してくるのですね。

だから岩手の中での甲子園常連校には、実は地元出身者は1人もいないなんて良くあることなのです。

でも花巻東は違いました。確か全ての選手が岩手県出身。

しかも春はピッチャーの力で勝った部分が大きかったですけれど、
今回は打撃も守備も良くなって総合力のチームとして県大会でも菊池くんが打たれても勝って来たのです。

彼らの優勝はかないませんでしたが、久しぶりに良い夢を見せてもらいました。

コメント


認証コード0364

コメントは管理者の承認後に表示されます。