かっこいいだけがイメージ作りじゃない‼︎

こんにちは。
ビジモテナビゲーターの斎藤せい子です。

昨日お会いした損害保険業界の社長とのお話。

私は長い間損害保険の業界で企業営業をしていました。
社長とお会いすることになったのはそのご縁なんですが、
私の現在の職業をご存知の上で

「この業界はかっこいいファッションじゃないほうがいい場合も
 多いんだよなぁ」とおっしゃいました。

まさしくそれが、イメージマネジメント!の第一歩なんです。

相手にどんなイメージ(感情)を持って欲しいのか
その目的に合わせて、服装や話し方・仕草を変えていくことで
交渉ごとが驚くほど楽になったりするのです。

私は企業営業のときは、
・周りに溶け込むこと
・信頼感を持ってもらうこと
・プロとして見てもらうことを
意識して服装を決めていました。

昨日の私はやる気とプロっぽさを出したかったので
黒地に白いピンストライプスーツに赤のニットインナー
だったのですが、

社長も黒で織りがストライプに見えるスーツに赤のネクタイで
お互いににっこり♪

おかげでラ・ポールが築きやすかった気がします。

ラポールとは、心理学用語でお互いに信頼できる感情を持てる状態
を指します。 心の架け橋みたいな感じでしょうか?

まずは、「これを着たときに自分は相手からどう見える?」
ということを意識してみることから始めてみてはどうでしょう?

コメント


認証コード1580

コメントは管理者の承認後に表示されます。